Loading...
EC業界雑談コラム商品情報・商品データ

楽天 Yahoo ショッピングの AOSSL化対策について

161003_prove-it6b

blogは久しぶりに更新となります。
かなり困っている店舗様が多いとのことで、
これは書かなくては!と思いたち、
私見たっぷりにお伝えしたいと思います。

=================================================
AOSSLってなに?
=================================================

【SSL】は、決済ページやクレジットカード入力などの際に
Chrome等のブラウザの、アドレスバーの近くに
【保護された通信】または、【鍵マーク】が付きます

これは、「セキュリティ的に守られています」という
【デジタル証明つきのページ】ということです。

今までのSSLは、決済ページなど
【個人情報や決済情報などセキュリティが必須】な
ページのみでよかったのですが、
現在世界的流れでAlways On SSL
(いつでもセキュリティに守られる=AOSSL)が主流になっています

その時代の潮流に合わせて、まずはYahooが、その後楽天が
AOSSL化を表明しました。

楽天に関しては2017年6月までに行うとのこと。
Yahooに関しては、4月中に完了するか、
いずれにしても、「やらなければいけないことが増える」ことには変わりません

正直、普通に考えたら
「金も時間もかけたくない・・・」
と思うことでしょう。

しかし、ネットショップは「IT企業」です
小売店ではありません。
お客様が来るために、掃除をして、床をピカピカにして
安心してお買い物できるように準備をしなければいけません。

セキュリティを高めることはより
安心して買い物してもらい、ネットショップを
利用する顧客を増やすことに繋がります。

=================================================
何をすればいいの?
=================================================

楽天については、全て店舗で変更しろという通達が
3/8に出ました。

YahooについてはFTPフリースペースサービス「トリプル」内のみ
店舗で変更、ストアマネージャー内は
・Yahooで変える
・店舗で変える
を選べるようになっています。

恐らく楽天も、楽天でRMSの中は処理してくれるんじゃないかと
思います。

Yahooトリプル内の置換については、
アイブレイン)佐藤さんの記事が秀逸ですので、
こちらをご覧ください

http://www.eye-brain.jp/blog/y-shopping-ssl3/

http://www.eye-brain.jp/blog/yahoo-shopping-ssl-triple/

=================================================
心の準備をしておきましょう
=================================================

単純にhttp://にsをつけるだけならそんなに
難しくはないのですが、楽天の場合、短縮URL
(../store/cabinet)などの相対パスを使っていたりするので、
これ等がどうなるか、続報を待ちたいと思います。

=================================================
どうしても困ったら
=================================================

basicwerkにご相談ください。

多店舗商品展開登録サービスご利用のお客様は
3万円~

初めてのお客様は、お見積からご相談に乗ります。

お気軽にお問い合わせください。

[contact-form-7 id=”274″ title=”コンタクトフォーム 1″]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA