Go home

About

BasicWerk は「ネットショップスタッフ&店長の右腕に」を合言葉に2012年5月、2人で
結成したフリーランスチームです。

(BasicWerk の読み方は日本語・英語風に「ベーシックワーク」でもいいし、ドイツ語に倣って「ベーシックヴェルク」でもいいです。ただ、お客様はみなさん「ベーシック」としか呼んでくれないですが・・・)

街の先生など「公平な社会」を作ることを楽しんで取り組んでいる 羽持公平と、
非効率なことは効率化しないと気が済まないプログラマ 中村心の二人でサービスを回してます。

About

この後少し長いので、目次的に内容を説明しますと、

BasicWerk は「継続可能なネットショップ運営が出来るよう」に様々なサポートをしています
 ・「楽天・Yahoo・Amazonなどのショッピングモール・自社サイトへの商品データ」の専門家
 ・商品データのチューニングについては消費者目線で考えます
 ・システムは提供致しません、お仕事だけ頂戴するというスタイル
 (ショップの皆さんの仕事の負担を減らし、睡眠時間を増やすことをモットーにしています)
 ・ヒアリングと対話による問題の洗い出しを重要視している
 ・短期的な取り組みや請負はしていません。
 ・結果的に皆さんの右腕になることをビジョンとしています

こんな内容ですが、もう少し読んでみようという、お時間のある方は
あと少し、お付き合いください。


専門は商品登録のアウトソーシング




BasicWerk の主力サービスは商品登録代行です。
まずはその理由を説明させて下さい。


結局は「人」の仕事



仮に楽天を起点に複数のプラットフォーム(Yahoo!ショッピング、Amazon など)へ商品登録する場合、
まずそう言うことが出来るシステムを社内に導入してオペレーションに組み込もうとお考えの方が多いかと思います。
ただシステムの導入にはいろいろ問題もあって・・・

 正直、どのサービスがいいか分からない
 結局使い切れずお金を払うだけになりそう
 現場のマネジャーは正直これ以上仕事を増やさないで欲しいと思っている
 サポート対応が微妙・・・
 どうせなら担当を置いて注力させたいが、教育したら辞めてしまった

など、悩みを抱えてらっしゃる方が多いのが実情ではないでしょうか。
(一応、開発元の名誉のために言っておくと、これ、しょうがないんです!僕らもこれまでの経歴の中でシステムを開発・提供する側に居たことがあるので、彼らの悩みも痛いほど分かるんです。)

複数のモール・自社カートへ商品登録をするというタスクの場合、ショップにとっては何のデータ(例えば楽天の商品情報)を元にして結果どんなデータ(例えば
Yahoo!ショッピングにアップするための CSV )がほしいか、つまり What の部分は明らかだと思います。 あるモールからあるモールへデータを移すには、移行先のデータ仕様に合わせていろいろな変更を加えなければいけません。

その際に、なんでそういう細々した変更を加えなきゃいけないのか( Why )、どうやってその制約を乗り越えるのか( How )はなかなか理解・修得するのが難しいものです。

一般に提供されているシステムはこの How に特化した作りになっているわけですが、ショップごとに異なる細かな「差異」や「癖」を吸収するにはあまりにも柔軟性に欠けます。

また、モール・自社カートごとの仕様に適応する部分でも、提供する側から明確にアナウンスされていない仕様があったり、問い合わせても今ひとつよく分からない返答が返ってきたりと、システムを導入しようとしているショップにとって「何が必要」で「何が不要」かを見分けるのがとても難しい状態です。

このような現状の非効率性を解消するためにはやはり「人」の力、もっと言えばその分野に長けた専門家の知識とそれを実際の問題解決に活かす技術力が必要です。



お任せいただくのが一番という結論



そのようなわけで、僕ら BasicWerk が様々なショップさんとお付き合いする中で至った結論としては、専門家にお任せいただくのが一番ということです。

ショップスタッフのみなさんはシステムのややこしいことに手古摺っている時間があったら本来のショップ運営に集中してほしい。
そのために、システムの扱いに慣れていて、更にそれを補う知識・技術を持っている僕らが商品登録の業務をマルっと巻き取ります。

つまり、システム(ソフトウエア)を提供してサポートしていく形ではなく、代行という形で業務をお任せいただいて僕たちの直接のスキルで問題を解決していくというスタイルを採用したわけです。

「複数のモール・自社カートへ商品登録」という仕事は専門の知識と経験がないと特に複雑化・非効率化しがちなものの最たる例だと思います。 僕たち
BasicWerk は(人数が少ないということもありますが)この「商品登録」にフォーカスしてサービスを提供しています。





BasicWerk のスタンス



BasicWerk が仕事を受ける際の条件として次の2つを貫いています。
依頼主が本当に必要としているサービスを提供する
BasicWerk が自分たちのペースで仕事を進めることができる状況を確保する

少し説明します。


本当に必要なものを探し当てる



全ての仕事は、まず話を聞くことから始まると思っています。
あなたの考えていること、困っていることをお聞かせください。
具体的なデータや現場の声、お客様の声が分かる情報元があれば尚良いでしょう。

対話を重ねながら状況を分析して、必要な仕事を洗い出し、コストやスケジュールと照らし合わせながら問題の原因や解決方法を探し出します。
そして問題解決までのシナリオを設定して初めて BasicWerk が取り組むタスク、そして御社にご協力いただきたい部分が見えてきます。

最初のヒアリングから実際の仕事の開始まで時間がかかることもあるでしょう。

状況によっては BasicWerk でできることがひとつも無いかもしれません(そんな時は素直に他社のサービスをご紹介させていただきます)。

いずれにしても、まずはざっくばらんにお話を伺って「本当に必要なもの」を探し当てることから全てが始まります。



適切な「マイペース」



「うちのペースでやらせてください」というフレーズだけをお伝えすると、「なんてマイペースな奴らだ、けしからん」と怒られそうですが、ちゃんと意味があります。
即物的な手法で解決できる問題に対してはスピード重視の解決方法が適している場合があります(所謂やっつけ仕事というやつです)。

しかし残念ながら、BasicWerk が主に取り組んでいる商品登録を中心とするショップ内オペレーションの改善という分野では、特効薬的な手法で解決できる部分がとても小さいというのが僕たちの経験則です。

つまり、問題を解決するにはある程度中長期的な取り組みを必要とするケースが多いのです。

長い目で見て問題に取り組む際には適切なペースというものがあります。

急がず、焦らずを基本としつつも、然るべき時には迅速に行動することが重要になります。


このように落ち着きと柔軟さを併せ持った仕事のペースを実現するためには、「商品登録」という分野に関して専門性を持つ僕たちがしっかりとハンドルを握ってコントロールし続ける必要があります。

こういった背景をひっくるめて「BasicWerk が自分たちのペースで仕事を進めることができる状況を確保する」という言葉にまとめています。




まとめと料金について、少し



ここまで根気よくお読みいただきありがとうございますm(_ _)m

さて、お仕事をするからにはお金も多少かかるので、その辺のことも載せておこうと思います。


結論から言うと、ご依頼があった際に個別にミーティングの場を設け(カウンセリングと言ったほうが近いかもしれません)、課題を洗い出す過程でお見積りを作成するというスタイルに現在は落ち着いているため、サービス一覧&価格表のようなものは用意してません。


Basicwerkは「大量の固定費を必要とする企業」とは違い、ネット上のどのページを見ても広告が表示されるような営業スタイルは採用しておりません。
そのため、広告費やアウトバウンドによる営業費などが織り込まれていない「純粋」な料金でお見積りさせていただいております。


話さないと分からないですよね



固定化されたサービス形態や料金表がありませんので当然Webからお申し込みなどはできません。 なので、まずはお話を聞かせていただく時間をほんの少し頂戴できますでしょうか。

こちらからお伺いすることもできますし、どこか Wifi のつながるカフェなどでも OK です。

東京・神奈川から遠方にお住いでしたら Skype を利用するのがよろしいかと思います。

打ち合わせする際は、堅苦しくならず、リラックスしてお話しましょう(僕たちもパリっとスーツを着て行ったりすることはありません)。

普段困っている事、判断に迷っている事、またはあなたのショップ運営の理念など、存分にお聞かせいただければ幸いです。


実際にお仕事をお受けするとなると、ケースバイケースでお見積額にはどうしてもばらつきが出てしまいます。
BasicWerk としては「その仕事に対して新しく専任スタッフを雇用して一から育てるよりは安く。しかも安定したクォリティで」というところを基準にお見積りをさせていただいております。

また、BasicWerk の売りはフラットな目線でのアドバイスやサポート(適切な判断力を維持するため、特定の企業と販売代理店契約は結んでおりません)、それに小回りの効く柔軟な対応(なにせ2人チームですから!)です。


大きなシステム会社ではなかなか難しい「痒いところに手が届く」感じも実感していただけるものと思います。


最後に


サービスとしては商品登録の代行をしておりますが、商品データはネットショップにとっての「財産」です。

この財産の適切な運用方法について、専門家に相談したいなと思ったら、Basicwerkにご相談頂ければと思います。

Contactはこちら

email: hello(at)basicwerk.net